--年--月--日 --:-- | スポンサー広告 | |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考察

活動してきて見えた「本当に言いたいこと」

環境問題に取り組み始めて約半年、ecollection!を様々な形で展開していく中で、私の環境に対する考え方が変わっていきました。

環境については調べれば調べるほど、奥深く、もはや取り返しもつかないのではという絶望感を味わう事もありました。


私たちは、「使い捨て」の現代に生きています。利便性の追求。資源を使いいかに人間が便利に、楽に過ごせるかを判断基準とし、物事が動いてきたように思います。

例えば、国であげられているリサイクル。リサイクルも多様に在りますが、それらが全て環境にやさしいとは言えない事実。(再生紙やペットボトルリサイクルは、実際には通常の何倍もの資源を使ってリサイクルされているそうです)


私はその事実を知って、「みえるものよりその背景を見る」ことが大切だと思いました。


ものに愛着を持つこと


結論として、私が本当に言いたいことは、「ものを大切にする」ということです。


無駄使いをしないこと、捨てる事を前提としないこと。

生産物には必ずその背景があり資源が使われていること。

ものに愛着を持ちものを大切にすることこそが、環境に対する唯一のやさしさであり私たちが出来ることなのではないでしょうか。


私はこのことを、ペットボトルに焦点を当てることで全てが伝えきれると思い、卒業制作のメインとして「コンビニカフェ」を企画運営することにしました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ecollection.blog119.fc2.com/tb.php/61-c124fcc9

 | HOME | 

profile

Auther:ico

キャッチフレーズはOne for all,All for one(地球はみんなのために、みんなは地球のために)!

アートをメインとしたイベントを企画するecollection!を通して環境問題を唱えていく。

FC2カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。